コピーライティング

仕事を辞めるためにライティングスキルを身につける!②

目安時間 2分
  • コピーしました
スポンサーリンク

 

ブログでも

メルマガでも

 

解りやすい文章で書く。

小学生でも解る文章で書く。

 

それはなぜか?

 

それは読者様に

ストレスを与えては

いけないから。

 

 

理解できない文章ではストレスを与えてしまうと同時に

読んでもらえません。

 

文法が崩れていたり

難しい言葉だったり

内容が回りくどかったり

 

そんな文章にならないようにしましょう。

 

 

他には

読者様に退屈させないようにするには

結論を先に言うという

テクニックがあります。

 

『息子が学校から慌てて帰って来た。

そしてすぐにトイレに駆け込んだ』

 

『息子はお腹が痛くてトイレに行きたいので、

学校から慌てて帰って来た』

 

上の文は、結果の後に理由があります。

下の文は、理由の後に結果があります。

 

人間の心理では、

結果の後に理由があった方が強い興味を抱きます。

 

 

と言う事を意識して、

 

ブログを書いていきたいと思います。

 

 

 

【編集後記】

 

今まで書いたコピーライティングに関する記事をまとめました。
私なりに、初心者が学んだ方が良いと思う順番にまとめました。

 

良かったら参考にしてください。
⇒ 『仕事を辞めるためにコピーライティングを勉強する!』

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

さとう

コメントは3件です

  1. Megu より:

    佐藤さん、こんにちは。
    >人間の心理では、結果の後に理由があった方が強い興味を抱きます。
    言われてみれば確かにそうですね!私もこれからこれを意識してライティングしてみようと思います。気づきをありがとうございます。
    応援ぽち完了です☆

  2. 三上 より:

    佐藤さん、こんにちは。

    結論の後に理由がある。
    この方がインパクトがあっていいですね。

    応援しています、ポチッと。

  3. ご苦労様です。

    読みやすく、飽きさせない文章作り、
    自分もいつも試行錯誤中です。

    応援しています。ぽちりました。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 

さとう