SEO対策

Seesaaブログからアメブロへお引越し

目安時間 5分
  • コピーしました

 

前にSeesaaブログを

やっていました。

 

それを

アメブロに

引越ししたいと

思います。

 

アメブロは

1つのIDで

1つのブログしか

作れません。

 

なのでIDを取得しました。

 

で、引っ越そうとするのですが

もう挫折しました。

 

項目が見つかんない・・・

 

ヘルプはあるけど・・・

 

 

 

検索検索。

 

【他社ブログからアメーバへお引越し】

http://blog.ameba.jp/import/

 

引越し1

 

 

【アメーバにお引越しする】をクリック!!

 

引越し2

 

 

あれ?もうID取得したんスけど・・・・

 

 

 

ということで、『アメブロ引越し ID取得してから』で検索。

 

http://blogimport.ameba.jp/user/blogimport.do

 

 

 

引越し4

おお、やった。

 

Seesaaブログを選んで、メールアドレス

 

と、進めて行きました。

 

 

次の画面ではブログが複数ある場合は

1つ選んで。

 

 

まだID登録してないので

普通にポチとクリックしたら

 

『引越し完了』みたいなメッセージが・・・

 

 

え?え?

 

どこに?いやな予感・・・

 

 

・・・・的中。

 

【インポートのお申し込み受け付けました】というメールが

1個目のブログの方のメールアドレスに届きました。

 

 

 

 

 

あとで解ったのですが、

1個目のIDでログインしてある状態で

 

http://blogimport.ameba.jp/user/blogimport.do

 

ここに飛んだから。

 

 

 

ログインしてない状態だと

 

引越し5

 

この画面です。

 

 

 

それで、とりあえず『そーっと』しておきました。

 

 

次の日【インポートが完了しました】というメールが届き

 

見事に1個目のアメブロのほうに300弱の記事が『引越し』されました・・・

 

 

 

引っ越される方、気をつけてくださいね。

 

 

削除が月ごとに一括で出来たので

問題はないのですが。

 

 

何事も無く『最初に戻った』ので

新しいIDで引越しました。

 

300記事と言っても、文章がとんでもなく短いので、

記事をくっつけて編集しなおそうと思っていました。

 

 

ですが

 

 

“引越し直後は記事が公開になっています”

 

 

ので、【非公開】にしたいと思ったのですが

 

一括で出来ません。

 

 

悲しい。

 

 

【記事の編集・削除】から【編集】

 

からの

 

【下書き(非公開)】

 

 

 

っていうのを

 

300弱記事分しました。。。

 

引っ越される方、気をつけてくださいね。

 

 

なにかする時

絶対、1回失敗してるような気がします。

 

ですが、

“気をつけろよポイント”が増えた。

 

ラッキーありがとうの精神で

ポジティブに考えていきます。

スポンサーリンク
  • コピーしました

この記事を書いた人

さとう

2014年からネットビジネスで挫折を繰り返す。 【挫折歴】情報商材/無料ブログ/メルマガ/Youtube/ ※ブログ内で使っている『成功』は 「勤め人を卒業して自力で稼げるようになること」です。

詳しいプロフィール

コメントは4件です

  1. tummycat より:

    佐藤さん、こんにちは。

    お引っ越し作業に奮闘中なのですね。
    私もアメブロのIDは持っているので、
    頑張ってみようかしら。

    応援完了です♪

    • 佐藤 より:

      こんばんは、おつかれさまです。

      結構、石橋を叩くタイプだと思ってるのですが
      なんか失敗します・・・

  2. Megu より:

    佐藤さん、こんにちは!
    お引越し作業、忙しそうですね。
    私も以前、アメブロしたことありますが、新しいIDを作ってみようかと思っていたところでした。
    応援しています☆応援ぽち☆

    • 佐藤 より:

      こんばんは、おつかれさまです。

      記事をくっつけ作業中です。

      かなりめんどいです。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: