仕事を辞める

追伸 仕事を辞めることに決めました、理由は月収を50万にするためです。

左利きの子供を矯正しない決断をしました

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサーリンク

うちの子供は左利きです。

 

 

今、小学生ですが、

自分でスプーンを

持てるようになった頃

左手で持っていることに

気づきました。

 

 

 

スプーンが持ちやすかったのか、

真向かいに座っている

右利きの私と同じ手

(と思っている子供自身の左手)

にしたかったのか

 

左利きになっていました。

 

 

夫婦で“矯正”するかどうか

話し合いました。

親の私達は早速会議を始めました。

 

 

私『左利きの方が右脳が発達するんだよね?天才になるんじゃない?それなら左利きでもいいんじゃない?』

妻『習字とか書きにくいかな?後、ご飯の時右利きの子が左側に座ったらひじがぶつかるよね?』

 

 

こんな会話から始まりました。

 

 

私の近くに左利きの人がいないから

単なる憧れ的なものの見方でした。

 

 

で、嫁は嫁の親へ話をします。

 

 

矯正しないことを大反対。

まぁ、おじいちゃんおばあちゃんは理由無しで矯正しなさいって言うものですから。

 

 

 

それで、本格的に矯正しないと決断したのは

嫁のもってきた『情報』でした。

 

 

知り合いの保育士さんが

『お母さんのお腹にいる時から利き手は決まっている』と。

『だから左利きの子を矯正しようとすると、

決められた脳の回路に逆らおうとするわけなので、ストレスになる』と。

 

 

私は、ほうほうと聞き納得しました。

 

 

 

こうして夫婦共々、納得して矯正しない考えになりました。

 

 

 

ただ、左利きのための社会にはなってないよなーと思うことが多々あります。

 

一番は、ハサミです。

一般的には右用ばかり。

 

今では、学校にも左利き用が置いてあるとか置いてないとか。

 

 

 

ちょっとしたことが不便なので、なんとか自分で考えて生活していたのかなーと思います。

何も考えずにはさみを使う右利きを横目に、みんなと同じスピードに合わせようとして必死に考える左利き。

 

 

とても脳が鍛えられていたんですね。

簡単に『右脳が・・』とか発言したことを反省しなければ。

 

 

ちなみに関係ないですが、

左利きの息子は左手に“ますかけ線”があります。

百にぎり

 

タグ :  

子育てブログ    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: